「 podcasting 」一覧

06皇(すめろぎ)は神にし座せば

古田武彦Video casting講演 皇(すめろぎ)は 神にし座せば 天雲の 雷の上に 廬せるかも (大王は神にし座せば雨雲の雷の上に廬せるかも『万葉集』235・241番)

テキスト 皇(すめろぎ)は神にし座せば・・・

制作 古田史学の会
編集 横田幸男
古田武彦講演 二〇〇二年 一月 十九日 大阪市北市民教養ルーム
『神と人麻呂の運命』 二、州柔(つぬ)の歌 部分

参照 『古代史の十字路 万葉批判』 古田武彦 東洋書林
『壬申大乱』古田武彦 東洋書林 岩波文庫

 『憲法義解』 伊藤博文著 宮沢俊義校註

毎日新聞 朝刊13版 2005年11月22日

これらの歌は大和で天皇家に奉(たてまつ)られた歌ではないを参照


04「釈迦三尊」はなかった

『古代に真実を求めて』 (明石書店)第9集 講演記録「釈迦三尊」はなかった

 古田武彦 二〇〇五年一月十五日(土) 大阪市中の島中央公会堂 講演(一部) 

テキスト 釈迦三尊はなかった in法隆寺 古田武彦

制作 古田史学の会 編集 横田幸男

参照:
『法隆寺 — 日本仏教美術の黎明』  奈良国立博物館
『若草伽藍跡西方の調査』 斑鳩町教育委員会
『法隆寺論争』(家永三郎・古田武彦) 新泉社
『聖徳太子論争』(家永三郎・古田武彦) 新泉社
『古代は輝いていたIIIー法隆寺の中の九州王朝ー 』(朝日文庫)

二〇〇四年十二月 二日 産経新聞 毎日新聞 読売新聞 朝日新聞

若草伽藍跡と宮山古墳・千早・赤坂村 ─古田先生同行記─ 伊東義彰

釈迦三尊の光背銘に、聖徳太子はいなかった(解説)へ
釈迦三尊の光背銘(写真は釈迦三尊の下にあります)

「法華義疏」の史料批判(国宝、伝聖徳太子真筆本の史料批判です。)


01卑弥呼はどこで死んだか

みのおFM みちばたサミット

第一回 卑弥呼はどこで死んだか

(テキストは、ホームページにございます)
タッキー816 みのおエフエム提供
古田武彦 Podcasting講演
若者のための古代

2001年11月22日

音声付き電子書籍(PDF)
Download himika.pdf 40.7MB

 この書類をAcrobat Readerを使用して保存して下さい。Radio講演を読み通しながら聴くことができます。
 なお信頼できる書類にして下さい。

 本中刷版の書体は、ヒラギノ明朝体を使用しております。
 データが大きいのでダウンロードに時間がかかります。また回線の状態により、出来ないことがあります。

podcast音声 himika01.mp3

20MB,22kHz,42分です。


02天皇陵はなぜ造られたか

みのおFM みちばたサッミト

第二回 天皇陵はなぜ造られたか

(テキストは、ホームページにございます。)
2001年12月20日
タッキー816 みのおエフエム提供

音声付き電子書籍(PDF)
Download tenoryo.pdf 67.6MB

 この書類をAcrobat Readerを使用して保存して下さい。Radio講演を読み通しながら聴くことができます。
 なお信頼できる書類にして下さい。

 本中刷版の書体は、ヒラギノ明朝体を使用しております。
 データが大きいのでダウンロードに時間がかかります。また回線の状態により、出来ないことがあります。

podcast音声 tenoryo02.mp3

19MB,22kHz,41分です。


03歴史の中の祝詞

みのおFM みちばたサミット

第三回 歴史の中の祝詞(のりと)

(テキストは、ホームページにございます。)
2002年 2月14日
タッキー816 みのおエフエム提供

音声付き電子書籍(PDF)
Download norito.pdf 39.2MB

 この書類をAcrobat Readerを使用して保存して下さい。Radio講演を読み通しながら聴くことができます。
 なお信頼できる書類にして下さい。

 本中刷版の書体は、ヒラギノ明朝体を使用しております。
 データが大きいのでダウンロードに時間がかかります。また回線の状態により、出来ないことがあります。

podcast音声 norito03.mp3

19MB,22kHz,42分です。