「 2006年10月29日 」一覧

第105話 2006/10/29

九州王朝系図『倭漢惣歴帝譜図』

 古田史学の会・10月度関西例会において、相模原市の冨川ケイ子さんが「九世紀初頭における『禁書』の書名とその内容」というテーマで研究発表されました。
本年から、中近世の「禁書」を研究されてきた冨川さんの研究対象が、いよいよ9世紀の「禁書」へと及んできました。今回取り上げられたのが『日本後紀』大同4年(809)2月条に見える『倭漢惣歴帝譜図』です。天御中主尊を始祖とし、中国や朝鮮の王家との繋がりが記されているという『倭漢惣歴帝譜図』を「禁書」とする詔勅が記されているのですが、冨川さんはこの系譜を九州王朝の系図ではないかと指摘されました。卓見だと思います。
 現存する「松野連系図」なども呉王を始祖として、倭の五王らへと繋がっています。また、漢の高祖の末裔を称する氏族も北部九州には少なからずいます。おそらくこうした系図と同類のものが『倭漢惣歴帝譜図』という名前で9世紀には存在していたものと思われます。
 なお、『倭漢惣歴帝譜図』を九州王朝系のものとする考えは、十数年前に古田先生が口頭で発表されています。冨川さんの発表を聞きながら、その時のことが懐かしく思い出されました。