「 2006年12月 」一覧

第111話 2006/12/24

最後の九州年号

 『古田史学会報』77号で発表した拙論「最後の九州年号」が、少なからぬ反響をよんでいるようです。九州年号の原形を最も保っているとされる『二中歴』に見えない「大長」を、704年から712年まで続いた最後の九州年号であるとする説ですが、もしこの説が正しければ、九州年号の大長は、大和朝廷の年号「慶雲」「和銅」と並行して存在していたこととなり、九州年号と大和朝廷との権力交代についても、そのあり方の再考が必要となります。
  ところが、大長が大和朝廷の年号と並行していたという説には先行説がありました。鶴峯戊申の『襲国偽僭考』です。そこには「文武天皇大寶二年。かれが大長五年。」と記されており、私の説とは大長元年の位置が違いますが、大和朝廷の大寶年号と併存していたと鶴峯が認識していたことがうかがえます。なお、鶴峯は大長が何年まで続いていたかは記していません。
 従来の九州年号研究では、『襲国偽僭考』の大長は698年から700年までの3年間と認識されていましたが、今回読み直してみて、そうではなかったことが判明しました。九州年号は700年までで、701年からは大和朝廷の大寶に代わると、全ての九州年号研究者が思い込んでいたのではないでしょうか。

最後の九州年号ー「大長」年号の史料批判ー(会報77号) へ

「大長」年号が登場する最後の九州王朝 鹿児島県「大宮姫伝説」の分析 へ


第110話 2006/12/22

『万葉集巻一』九州王朝作歌説?!
  ちょっと遅くなりましたが、16日に行われた関西例会の報告をします。今回も多彩な研究報告がなされましたが、水野代表による『万葉集巻一』九州王朝作歌説はちょっと強引な感じもしましたが、なかなか面白い説だと思いました。何せ、『万葉集』の巻一全部が九州王朝で作られたというものですから、本当だったら面白いけれど、そんな全部の歌を論証可能なのか、というのが率直な感想でした。しかし、このような大胆な説が発表できるのも、例会の良いところではないでしょうか。
 新年一月の関西例会は、午後は古田先生の講演会がありますので、午前中だけとなります。会場がいつもと異なりますので、お間違いないように。

〔古田史学の会・12月度関西例会の内容〕
○ビデオ鑑賞 8/30古田・安川対談、12/7寛政原本を見る
○研究発表
1).「自悪其名不雅」考、泥憲和氏の「『九章算術』の短里を読んで」(向日市・西村秀己)
2). 倭国律令のこと、平安時代に至っても弾圧されていた肥後国、二人の美濃王(姫路市・泥憲和)
3). 伊勢王・その一 総論(川西市・正木裕)
4). 九州王朝諸系図の検討と分析(奈良市・飯田満麿)
5). 武烈天皇紀における「倭君」・その二(相模原市・冨川ケイ子)
6). 運歩色葉集と九州年号(木津町・竹村順弘)
7). 装飾古墳の文様(生駒市・伊東義彰)
○水野代表報告
 古田氏近況・会務報告・「寛政原本発見!東日流外三郡誌」・『万葉集巻一』九州王朝作歌説・他(奈良市・水野孝夫)


第109話 2006/12/03

『古田史学会報』77号のご案内
 
『古田史学会報』77号を、今月中頃までには会員の皆さまにお届けできます。仕事などで会報編集の時間がとれず、遅れてしまいました。また、体調不良が続
いていることもあり、なかなか原稿が書けませんでした。今春に関西例会で発表した九州年号の「大長」についての論稿をなんとか書き上げ、本号に掲載できま
した。短文ですが、九州年号研究に一石を投じることができれば幸いです。

   初期の九州年号研究では、「大長」が最後の九州年号とされてきましたが、『二中歴』を重視する研究動向の強まりから、『二中歴』に見えない「大長」についての研究が滞っていたようです。今回は、その「大長」に再注目しました。
   この他にも正木さんや泥さんの興味深い論稿が掲載されています。お楽しみに。
 
  『古田史学会報』77号の内容
 
  日本書紀、白村江以降に見られる「三十四年の遡上り現象」について(川西市・正木裕)
  古田・安川対談について『東日流外三郡誌』と「福沢諭吉」(豊中市・大下隆司)
  九州古墳文化の展開(抄)(生駒市・伊東義彰)
  装飾古墳に描かれた文様(蕨手文について)(生駒市・伊東義彰)
  『九章算術』の短里(姫路市・泥憲和)
  多紀理毘売と田心姫(前編)(大阪市・西井健一郎)
  連載小説「彩神」第十二話・シャクナゲの里(2)(町田市・深津栄美)
  書評『遣唐使・井真成の墓誌』藤田友治・編著(奈良市・水野孝夫)
  最後の九州年号─「大長」年号の史料批判─(京都市・古賀達也)
  (旅行案内)古田武彦と辿る、古代日本人(現・インディオ)の真実に。−11日間の旅−バルディビアと南米を行く
  『古代に真実を求めて』特価販売の案内
  関西例会のご案内・史跡めぐりハイキング・事務局便り
  古田武彦氏新年講演会のご案内