「 2020年02月11日 」一覧

第2081話 2020/02/11

観世音寺「養老繪圖」の証言

 「観世音寺注進本寺進上公験等案文目録事」には「大宝四年縁起」の他にも、「養老繪圖一巻」という記事が見えます。その名称から判断すれば、養老年間(717〜724)に描かれた観世音寺の絵図と見るべきものです。同目録には「養老繪圖一巻」の右横に「雖入目録不進」と書き込まれていることから、この絵図は、この時、東大寺には行かなかったようです。
 この「養老繪圖一巻」とは観世音寺が描かれたものではなかったでしょうか。観世音寺から東大寺への献上品目録ですから、とりたてて説明も無く「養老繪圖一巻」とあれば、養老年間の観世音寺の姿が描かれていたと判断するのが妥当です。そうであれば、養老年間には観世音寺が創建されていたことになります。そのことは先に紹介した「大宝四年縁起」と同じ結論を示します。すなわち、『続日本紀』を根拠とした観世音寺天平年間創建説は成立しないということです。
 なお、古の観世音寺の姿を伝えるものに、有名な大永六年(1526)写の「観世音寺古図」というものがあります。この古図は、観世音寺の考古学的発掘調査の結果と同じ伽藍配置を示しており、また、焼失前の五重塔も描かれていることから、創建観世音寺の姿を伝えていると思われます。今回紹介した「養老繪圖」が12世紀に現存していたことを考えると、大永六年に写された「観世音寺古図」はこの「養老繪圖」を写した可能性が高いのではないでしょうか。