「 2020年02月19日 」一覧

第2086話 2020/02/19

『古代に真実を求めて』23集のタイトルが決定

 「『古事記』『日本書紀』千三百年の孤独 ―消えた古代王朝―」

 昨日は京都駅前のキャンパスプラザ京都で開催された正木裕さん(古田史学の会・事務局長、大阪府立大学講師)による講演 「能楽の中の古代史(2)本当は不思議な高砂」を聴講しました(主催:市民古代史の会・京都)。多元史観・九州王朝説に基づいて謡曲を解説したもので、多数参加されている京都の能楽や謡曲の関係者からは好評を博しています。この分野の研究は正木さんの独壇場で、聴いていてもわくわくするほどの面白さです。正木さんによる〝謡曲シリーズ〟はこれからも続きます。会場が京都駅前なので交通アクセスの便もよく、関西方面の方にはお奨めです。
 講演会終了後の懇親会の最中、服部静尚さん(『古代に真実を求めて』編集長)に明石書店から『古代に真実を求めて』23集タイトル決定のメールが届きました。タイトルは編集部が提案した「『古事記』『日本書紀』千三百年の孤独 ―消えた古代王朝―」と決まりました。従来になく〝文学的〟な表現としましたが、果たしてマーケットに受け入れていただけるものか、少々心配ではあります。
 本年3月末には製本が完了し、4月頃には店頭に並ぶと思います。「古田史学の会」2019年度賛助会員(年会費5,000円)の皆様には、明石書店から順次配送される運びです。配送作業に日数がかかりますので、お待ちいただきますようお願いいたします。