第560話 2013/05/22

太平洋を渡った縄文式土器
       
       
         
            

 今朝は新幹線で名古屋に向かっています。研究開発職から営業職(マーケティング)に異動になって七年になりますが、この
間、新幹線に乗ったのは恐らく千回近くになると思います。当時とは車窓の風景も変わりましたが、琵琶湖畔の三上山や伊吹山は往年のままの偉容を見せてくれ
ています。

            

 さて、縄文式土器が世界最古の土器であり、人類最初の工業品であることを、わたしは古田先生から教えていただきました。
今から、三十年近く前のことです。そして、その縄文式土器が太平洋を渡り、南米のペルーやエクアドルから出土していることも古田先生から教えていただきま
した。縄文式土器が南米から出土することに最初に気づかれたのはエクアドルのエストラーダ氏と米・スミソニアン博物館の考古学者エヴァンス夫妻でした。ち
なみに、わたしはエヴァンス夫人のベティー・J・メガーズ博士と東京でお会いしたことがあります。
 それは平成七年十一月、東京の全日空ホテルで開催されたメガーズ博士来日記念討論会「縄文ミーティング」の席でした。その記録は『海の古代史』(原書
房、1996年)に収録されていますので、是非、ご覧ください。メガーズ博士や古田先生を始め各専門分野のそうそうたるメンバーが「縄文式土器の南米伝
播」をテーマに英語や日本語で討論が行われました。そのミーティングにわたしも記録・録画係として同席を許されたのです。もちろんそれは、わたしに貴重な
経験をさせてあげようという古田先生のお心遣いでした。感謝に堪えません。
 今でもそのときのエピソードとして鮮明に覚えていることが、いくつかあります。議論はメガーズ博士が英語で、その他の日本人参加者は日本語で話し、通訳
がそれぞれ訳するという形式で進められました。ところが、議論が白熱してくると日本人参加者も通訳を待たずに英語で話し出されたのです。この討論の内容は
日本語で出版される予定でしたので、さすがに関係者(東京古田会の藤沢会長だったと記憶しています)が「日本語で話してください」と止めに入ることになり
ました。
 さらに、この時の通訳を担当されたのは若い女性の方でしたが、驚くほど優秀な通訳でした。考古学・古代史学・医学などの専門用語が縦横無尽に飛び交う会
話でしたが、通訳の際に確認された専門用語はただ一つでした。「ポイントは鏃(やじり)と訳してよろしいですね」という確認でした。その確認は当たっていて、複数ある「ポイント」の語義を会話の文脈から「鏃」と判断され、念のために確認されたのでした。本当に見事な通訳でした。
 わたしにはメガーズ博士の英語は難しくてほとんど理解できませんでしたが、たびたび「マイグレーション」という用語が聞き取れましたので、「伝播による移動」のことをマイグレーションと言われているように思われました。わたしの専門分野である染色化学では、マイグレーションは「移染」あるいは「均染化」
の意味で使用されており、耳慣れた英語でしたので、分野によっていろいろな使い方がある単語だなと、勉強になりました。
 古田先生は縄文式土器が太平洋を渡ったというテーマを、倭人伝の「船行一年」を中南米への倭人の航海とする読解を支持する考古学的事実として注目され、
エヴァンス夫妻との学問的交流を始められました。縄文式土器の南米への太平洋を渡っての伝播という事実は、日本の古代史学界・考古学界でもっと取り上げら
れるべきと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする