第1970話 2019/08/20

大和「飛鳥」と筑紫「飛鳥」の検証(4)

 筑紫「飛鳥」説を証明するための「アスカ」地名や「明日香川」の調査が行き詰まっていた時に、正木裕さんの宝満川を「アスカ川」とする広域「アスカ」説が発表されたのでした。正木さんとの対話の様子を「洛中洛外日記」901話では次のように紹介しています。

【以下、転載】
古賀達也の洛中洛外日記
第901話 2015/03/17
小郡宮と飛鳥宮(2)
 正木裕さん(古田史学の会・全国世話人)との古代史談義のテーマは、小郡宮から飛鳥宮へと移りました。正木説によれば、宝満川(阿志岐川)が『万葉集』などに見える「あすか川」であり、筑後川を挟んで小郡・朝倉と久留米一帯の広域地名が「あすか」と比定されています。従って、この領域にあった宮殿は「あすかの○○宮」と称されることになります。
 他方、奈良県明日香村にも7世紀の宮殿遺構があり、これらも「あすかの○○宮」と呼ばれていたことを疑えません。そこで問題となるのが、『日本書紀』や『万葉集』、金石文に記されたそれぞれの「あすか宮」「あすかの○○宮」を、どちらの「あすか」と見るのかということです。二つの候補地がある以上、史料ごとに個別に検討しなければなりませんが、これがなかなか難しく、正木さんとの検討でも、まだ結論を得るには至りませんでした。特に「あすかのきよみはらの宮」「きよみはらの宮」に関しては、かなり突っ込んだ意見交換と検討を続けました。この問題について、引き続き考えたいと思います。
【転載、終わり】

 なお、正木さんの論文発表は更に遡り、『古田史学会報』103号(2011年4月)「『筑紫なる飛鳥宮』を探る」、同106号(2011年10月)「論争の提起に応えて」で、宝満川=「アスカ川」説を論じられられています。わたしは筑紫に「アスカ」地名が現存せず、過去に存在したという史料根拠も見当たらないことから、この正木説に反対ではないものの賛成もできずに来ました。しかしながら、こうした正木説との出会いにより、本稿のテーマである大和と筑紫の多元的「飛鳥」論の検証へとわたしの問題意識は進んできたのです。(つづく)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする