古田史学の会一覧

第143話 2007/09/16

彦根城築城400年祭

 昨日の関西例会の会場の大阪駅前第2ビル地下二階フロアーで、国宝・彦根城築城400年祭の展示コーナーがありました。パンフレットなどもらいましたが、ちょうど車の練習を兼ねて滋賀県へ行こうと思っていましたので、この機会に湖東方面もドライブしようと、計画を練っています。とりあえず、最初は湖西方面から挑戦予定です。湖西も湖東も滋賀県は古代史の宝庫です。
   9月例会の発表は次の通りでした。最後の正木さんの発表は前回に続いて時間に追われ、大変でした。これ以上、発表者が増えると例会運営も難しくなります。うれしい悲鳴ですが。いずれは時間制限が必要になるかもしれません。その時はご協力の程、お願いします。
 
  〔古田史学の会・9月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1). 中国の歴史「西周・春秋」を話す前に(豊中市・木村賢司)
  2). 湍津姫と八十の地(大阪市・西井健一郎)
  3). 高良大社系古文書と九州王朝系図(奈良市・飯田満麿)
  4). 史料事実としての磐井(名古屋市・林俊彦)
  5). 古代エクアドル文化と他地域とのつながりについて(豊中市・大下隆司)
  6). 東日流王朝in「真澄全集」(藤房の巻)(奈良市・太田齊二郎)
  7). 沖ノ島2(生駒市・伊東義彰)
  8). 『古事記』のなかの「大(太)后」たち(相模原市・冨川ケイ子)
  9). 白雉年間の難波遷都と評制の創設について(川西市・正木裕)
 
  ○水野代表報告
    古田氏近況・会務報告・三重県津市は三大港のひとつか・他(奈良市・水野孝夫)


第139話2007/08/19

須知・和知・福知山

 17日は酷暑の中、プリウスをレンタルして天橋立まで往復してきました。250kmを走り、使用したガソリンはわずかに8リットル。プリウスの燃費の良さには驚きです。京都縦貫道を利用して、丹波路を走ったのですが、この地方の地名には「須知」「和知」「福知山」と「チ」のついたものが目立ってあり、以前から気にかかっていました。古代に於いて、丹波地方は「チ」の神様が君臨していた名残ではないでしょうか。「愛知」や「高知」も同様だと思います。神社の祭神などを調べれば何か面白いことがわかるかも知れませんね。(第40話古層の神名「ち」、などをご参照下さい)
   昨日の18日には関西例会がありました。私も久しぶりに発表することができました。内容は次の通りでした。今回も発表者が多く、時間不足でした。

  〔古田史学の会・8月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1). 中国の歴史「夏・殷王朝」について、を話す前に(豊中市・木村賢司)
  2). 『日本書紀』の中の「伊勢王」(奈良市・飯田満麿)
  3). 『上宮聖徳法王帝説』中のもう一つの九州年号(岐阜市・竹内強)
  4). 『三国志』魏書東夷伝から「短里」を考える(神戸市・田次伸也)
  5). 東日流王朝in「真澄全集」(高星丸の巻)(奈良市・太田齊二郎)
  6). 平安時代の「評制」文書
     ─『皇太神宮儀式帳』『神宮雑例集』の史料批判─(京都市・古賀達也)
  7). 福井県と石川県の遺跡めぐり(木津町・竹村順弘)
  8). 沖ノ島─九州古墳文化の展開─(生駒市・伊東義彰)
  9). 三人の太后─「間人大后」「倭太后」と百済の「大后」─(相模原市・冨川ケイ子)
  10). 薩夜麻の「冤罪」(川西市・正木裕)

  ○水野代表報告
    古田氏近況・会務報告・和田家文書研究・他(奈良市・水野孝夫)


第137話 2007/08/13

薩夜麻「冤罪」説
 お盆休みは、ご近所のトヨタレンタカー河原町店からプリウスを借りて、丹後半島にでも行くつもりでしたが、あいにく連
休中は車の予約がいっぱいで、まだ行けないでいます。なにせ、教習所の車以外では、社用車のプリウスと、レンタカーのヴィッツしか運転したことがなく、他
の車種は慣れていないのでまだ借りる気がしません。

 さて、「古田史学の会」では近年優れた研究者を輩出していますが、「天子宮」研究の古川さんと共に、『古田史学会報』81号には正木裕さん(川西市在住)の「薩夜麻冤罪説」という優れた論稿が掲載されています。
 
『日本書紀』では、部下を奴隷に売って、自らは帰国した不名誉な役割を与えられている筑紫君薩野馬ですが、古田説では九州王朝最後の天子とされています。
この不名誉な記事が、『日本書紀』編者による「冤罪」であることを論証されたのが、この正木稿なのです。81号には前編が掲載されており、後編がますます
楽しみです。
 このように「古田史学の会」には九州の古川さん、関西の正木さん、そして関東には数々の好論を発表されてきた冨川さん(相模原市在住)がおられ、論客が
群雄割拠の状況です。このところ研究が滞っている私を尻目に、こうした会員による優れた研究が陸続と続く古田史学・多元史観の底力は恐るべし、です。まさ
に、歴史学のパラダイムシフトが今おこっているのです。


第136話 2007/08/12

天子宮
 
九州には熊本県などに多数の「天子宮」が分布しています。以前からこの事実が気になっていましたが、端的に言えば九州王朝説でなければ説明できない「事
実」ではないでしょうか。この天子宮問題に九州王朝説の立場から果敢に挑戦されているのが、古川清久さん(本会会員、武雄市在住)です。その研究成果が
『古田史学会報』81号より連載開始となりました。

 
私としては『隋書』に記された倭国の天子、多利思北孤と関係するのではないかと想像していますが、それは『隋書』に阿蘇山が紹介されていることと、天子宮
が熊本県に濃密に分布していることによります。古川さんの天子宮の基礎研究とも言える連載、「伊倉─天子宮は誰を祀るか─」ではどのような結論になるのか
楽しみです。まずは天子宮の精密な分布状況と祭神、伝承の調査が望まれるところです。
    「天子宮」は、「古田史学の会」九州の論客、古川さんならではの未踏の研究テーマと言えるでしょう


第135話 2007/08/05

『古田史学会報』81号のご案内

  台風が去り、京都は蒸し暑い日が続いています。祇園祭も終わり、次は五山の送り火ですが、わたしは若い頃、如意ヶ岳の大文字に点火した経験があります。午前中から山に登り、用意された松の割り木を井桁に組んで、夜になるまで山で待つのですが、暑い最中ですから、これも結構体力勝負でした。今はとてもそんな気力はありませんので、近所の鴨大橋から眺めるだけとなっています。

 昨今、またまた太宰府から木柱跡や漆紙文書が出土していますが、これらも興味深いところです。さて、『古田史学会報』81号の編集が遅れに遅れて、今日ようやく完成しました。今号は久しぶりに古田先生から原稿をいただきました。ご期待下さい。
 
〔『古田史学会報』81号の目次〕
寛政原本と古田史学 古田武彦
○「安倍次郎貞任遺文」と福沢諭吉『学問のすすめ』
   ─『東日流外三郡誌』真贋論争に関連し─奈良市太田齊二郎
○エクアドルの地名 
菊池栄吾氏「バルディビア旅行で考えたこと」(会報八〇号)を読んで
    豊中市 大下隆司
○ホームページ「有明海・諫早湾干拓リポート号外」より転載
    伊倉─天子宮は誰を祀るか─武雄市 古川清久
○薩夜麻の「冤罪」 I 川西市 正木 裕
○古田史学の会 第十三回会員総会の報告
○古田史学の会 関西例会のご案内
○史跡めぐりハイキング 古田史学の会・関西
○お知らせ 10/21古田武彦氏豊中講演会
○「和田家資料4『北斗抄』十〜総結」の紹介


第133話 2007/07/22

ホームページの容量アップ

 この度、古田史学の会では本ホームページの容量を大幅にアップし、情報量を増加させることを会員総会にて、予算措置も含めて決定しました。これからその作業が横田さん(事務局次長)により本格的に始められます。ご期待下さい。

    昨日、関西例会が開催され、初めての方の参加が3名あり、遠くは上海からもみえられ、活況でした。発表者も多く、時間配分も大変ですが、常連組の発表が上手くなり、助かっています。内容は次の通りです。
 
  〔古田史学の会・7月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1). 私の「常識」と他人の「常識」(豊中市・木村賢司)
  2). 倭人伝解釈の新視点(姫路市・野田利郎)
  3). 「持統紀の真実」概論(奈良市・飯田満麿)
  4). 愛知県の遺跡めぐり(木津町・竹村順弘)
  5). 十例目の神籠石「唐原神籠石」の発見(たつの市・永井正範)
  6). 古田先生・久留米大学講演と古田史学の会・四国の史跡めぐりでの講演(たつの市・永井正範)
  7). 「倭太后」─『万葉集』に見る「倭」から─(相模原市・冨川ケイ子)
  8). 「斉明」の筑紫遠征は無かった(川西市・正木裕)
  9). 磐余彦、東征す(大阪市・西井健一郎)
 
  ○水野代表報告
    古田氏近況・会務報告・『伊勢物語』の伊勢・他(奈良市・水野孝夫)
  ○古田先生との東北調査旅行の報告(奈良市・太田副代表)

 


第132話 2007/06/23

御所のミミズク

 梅雨の晴れ間の今日、御所の梅林にミミズクが来ているとの話しを聞いて、買ったばかりのデジカメを手に、撮影に行って来ました。紫宸殿警備のお巡りさんに たずねると、梅林の一番大きな榎の木にミミズクはいるとのこと。既にバードウォッチングや写真撮影している人達がおられたので、ミミズクの居場所はすぐにわかりました。残念ながら私のデジカメの10陪ズームでは小さくしか写りません。本格的な望遠レンズを持っておられた人に覗かせてもらいました。確かにミミズクでした。
 どこから来たのか、御所にミミズクとは珍しい発見でした。カラスや鳩、雀はたくさんいるのですが。池には一羽だけですが鵜もいました。御所は見所が一杯です。
 さて、6月の関西例会は会員総会のため午前中だけでしたが、次の発表がありました。午後の総会に先だって、大下さんと正木さんの講演もありました。プロジェクターを使った聞き応えと見応えのある発表でした。
  〔古田史学の会・6月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  中国古代青銅器について(豊中市・木村賢司)
  竹原古墳の天呉(木津町・竹村順弘)
  ○水野代表報告
    古田氏近況・会務報告・赤塗り神社と白木造り神社・他(奈良市・水野孝夫)
 
  〔記念講演会〕
  1). 大下隆司(事務局次長) 「バルディビアへの旅」
  2). 正木 裕(会員)    「九州年号で読み直す日本書紀」


第131話 2007/06/02

『古田史学会報』80号のご案内

 このところ、仕事が忙しくて会の活動を大下さん(事務局次長)に任せきりで、申し訳なく思っています。そんな中、ようやく『古田史学会報』80号の編集が完了しました。掲載稿は次の通りです。個人的には新たな論文が書けず残念ですが、その分、他の執筆陣に頑張っていただき、内容的には豊富なものとなりま した。

○続・「バルディビアへの旅」
   九州の甕棺と縄文土器 豊中市 大下隆司
○九州年号で見直す斉明紀
    安倍比羅夫蝦夷討伐と有間皇子の謀反 川西市 正木 裕
○太田覚眠研究の現在と未来
    —さらなる探求の門出に際して— 松本郁子
○素人手作り「古田史学会報」冊子 豊中市 木村賢司
○連載小説「彩神」第十二話
    シャクナゲの里(3) 深津栄美
    ***古田武彦『古代は輝いていた』より***
○古田武彦氏講演会のご案内
○バルディビア旅行で考えたこと 仙台市 菊地栄吾
○「古田史学会報」冊子 I〜Vをさーと見ての私の思い出 豊中市 木村賢司
○「私考・彦島物語 II・外伝2 多紀理媛と伊勢神宮1」
     —誰がいつ、伊勢神宮を創ったか1—
一、倭・笠縫邑のヒモロギ 大阪市 西井健一郎
  ○本会ホームページ「古賀事務局長の洛中洛外日記」より
    藤原宮出土木簡の考察 京都市 古賀達也


第130話 2007/05/26

丹後半島へのドライブ

 仕事の必要上からとうとう自動車免許をとりました。3月から4月は、親子ぐらい年の離れた若者達に混じって自動車教習所に通い、5月の連休明けに免許を取得しました。そして、先日、出張で京丹後市大宮町まで社用車プリウスで行ってきました。幸い、お天気に恵まれ、事故もなく無事帰ってきました。ただ、下りの急カーブや京都縦貫道の高速運転はちょっと怖かったです。

  途中、100メートル級の前方後円墳などもあり、今度は仕事抜きで行ってみたいと思いました。さて、このところ忙しくて5月の関西例会を欠席しましたが、発表内容は下記の通りでした。
 
  〔古田史学の会・5月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1). 素人手作り『古田史学会報』冊子(豊中市・木村賢司)
  2). 倭と日本のよみ方2(木津町・竹村順弘)
  3). 「日本」のルーツは「(畝尾の)木本」である(大阪市・西井健一郎)
  4). 三世紀中国の地図事情と「短里」(神戸市・田次伸也)
  5). 九州年号で見直す斉明紀(川西市・正木裕)
  6). 東北王朝in『真澄全集』〔安日の巻〕(奈良市・太田斉二郎)
  7). 宇佐探訪報告(向日市・西村秀己)
  ○水野代表報告
    古田氏近況・会務報告・美努岡万墓誌『倭姫世記』・他(奈良市・水野孝夫)


第129話 2007/04/29

難波収さんとの一夕

 第107話「弥生の高層建築」で紹介した難波収さんが、オランダから一時帰国され、京都に逗留されていたので、昨夕、二人で遅くまで食事とお酒と会話を楽しみました。この5月には81歳になられる難波さんは、古くからの古田先生の支持者です。帰国されたときは、お会いし親交を暖めています。
 私からは古田史学の会や古田史学を取りまく状況をお話し、難波さんからは今の日本を憂慮するお話をお聞きするのが常となっています。「日本の政治家はダメだが、食べ物は旨い」とおっしゃられていたのが印象に残りました。また、オランダの知人が書かれた本「わたしは誰の子−父を捜し求める日系二世オランダ人たち」葉子・ハュス−綿貫著(梨の木舎、1800円+税)をいただきました。前の戦争の傷跡が現在も深く残っていることを改めて認識させられる本のようです。この連休にしっかりと読みたいと思います。
 難波さんとお会いできるのは、次はいつになるのでしょうか。夜のバス停で何度も別れの握手をかわしました。
 ところで、ちょっと遅くなりましたが、21日に行われた4月例会の発表内容をお知らせします。

〔古田史学の会・4月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1. この俺が・・(豊中市・木村賢司)
  2. 倭と日本のよみ方(木津町・竹村順弘)
  3. 「泣澤女神」と「狭狭の小汀」の関係(大阪市・西井健一郎)
  4. エクアドル〈縄文・弥生〉のフォロー I(豊中市・大下隆司)
  5. 『日本書紀』の記事の長さ(相模原市・冨川ケイ子)
  6. 「大化改新」虚と実(奈良市・飯田満麿)
  7. 安日は神武によって東日流に放逐された(奈良市・太田斉二郎)
  ○水野代表報告
   古田氏近況・会務報告・『倭姫世記』の淡海浦論証追加・他(奈良市・水野孝夫)


第128話 2007/04/07

『古田史学会報』79号のご案内

 『古田史学会報』79号の編集・印刷も終わり、もうすぐ会員の皆さまに届きます。大下さんの「バルディビア探究の旅」報告などおすすめです。また、正木さんの『日本書紀』編纂における「34年遡り」問題は、九州王朝史料からの盗用方法についての新たな分析手法として注目されます。なお、両者には6月の会員総会にて講演していただきます。お楽しみに。79号の内容は次の通りです。

               
  ○バルディビア探究の旅−倭人世界の南界を極める−
    古田史学の会・事務局次長(豊中市) 大下隆司
  ○九州王朝と庚午年籍 京都市 古賀達也
  ○日本書紀の編纂と九州年号(三十四年遡上の手法分析) 川西市 正木 裕
  ○武烈紀における麻那君・斯我君記事の持つ意味
    冨川ケイ子氏 武烈天皇紀における「倭君」(『古田史学会報』78号)を読んで
    たつの市 永井正範
  ○『日本書紀』に引用の「百済本記」記事 奈良市 飯田満麿
  ○多紀理毘売と田心姫(後編) 大阪市 西井健一郎
  ○巣山古墳第7次調査現地説明会 生駒市 伊東義彰
  ○『古代に真実を求めて』10集概要
  ○定期会員総会のお知らせ
  ○古田史学の会 関西例会のご案内
  ○史跡めぐりハイキング 古田史学の会・関西
  ○2007年度 会費納入のお願い
  ○事務局便り


第127話 2007/03/19

バルディビア調査旅行の報告

 17日の関西例会では、古田先生のバルディビア調査旅行に随行された大下さん(本会事務局次長・スペイン語通訳)と竹内さん(本会会員・岐阜市在住)の両名から旅行の報告がなされました。現地でバルサの船を造り、日本への航海を準備している青年との出会いなど、感動的なエピソードを交えた報告で、大変素晴らしい報告でした。

 関西例会参加者だけではもったいないので、6月17日(日)に開催予定の会員総会記念講演会で、大下さんからカラープロジェクターを使用して詳細な報告をしていただきます。是非、おこし下さい。会場や時間などは後日、お知らせいたします。
    なお、例会の発表内容は次の通りでした。
 
  〔古田史学の会・3月度関西例会の内容〕
  ○研究発表
  1). 『周髀算経』と「短里」(神戸市・田次伸也)
  2). 丹後風土記逸文「奈具社」(大阪市・西井健一郎)
  3). 「東日流」in「真澄全集」(奈良市・太田斉)
  4). 武烈紀における「倭君」3(相模原市・冨川ケイ子)
  5). バルディビア調査旅行(豊中市・大下隆司)
  6). エクアドルの旅─古田武彦と共に(岐阜市・竹内強)
  7). 古田武彦論証の検証と強化─「万葉の覚醒」から「壬申大乱」まで(川西市・正木裕)
  ○水野代表報告
   古田氏近況・会務報告・斉明紀五年三月項の不可解・高市皇子天皇説・他(奈良市・水野孝夫)